ご結婚式、、ご披露宴のブルーレイ&DVD撮影、製作のウェディング・キッスです


自己紹介 結婚式、披露宴の撮影に対する考え方などをご紹介致します。


経歴他

現在44才、妻と子供1人の3人家族。

23歳でブライダルビデオ製作会社に入社し、’98年にフリーのビデオカメラマンとして独立。デジタルビデオカメラでの撮影やパソコンでの編集、HPでの営業など、フリーと言う立場で1人で受注から納品までの流れが可能になった頃でした。

当初は、『自分ひとりでどこまで製作会社と同じもの、またはそれ以上のものが出来るか?』というスタンスで仕事をしていましたが、お客様とのメールでのやり取りや納品後のビデオのご感想などをお聞かせ頂いているうちに、どんどん独自の方法論を進めています。

今では同じ業務形態、オリジナルを謳った他社のブライダル・ビデオとは一味違った、Wedding Kissならではのビデオ(DVD、ブルーレイ)を製作していると自負しております。


結婚式、披露宴の撮影者&編集者としての考え

結婚式と言うお客様の記念の1日を如何に映像に残すかを第一に考えて撮影、編集しています。

『映画のような〜』と言うキャッチフレーズをよく見かけますが、私の映像は映画よりも記録映像に近いものかもしれません。撮影者、編集者の勝手な主張よりも、先ずは『当日の様子を記録する』を第一に考えております。

『記録映像』と言う言葉は少し客観的な、お客様と距離のあるイメージになってしまいますが、当然ながら目指すのはただの記録ではなく、臨場感のある、当日のお二人のお気持ちや会場の雰囲気、熱気を映像に残すこと、それらを『記録した映像』が私の目標であり、同時に挑戦だと考えています。


私が製作するビデオ(DVD、ブルーレイ)の特徴

私は受注から納品まで全て1人でやっています。
事前のメールでのやり取りから当日の撮影、そして編集し完成したビデオ(DVD、ブルーレイ)を納品するまで、全ての行程を責任を持って私が行います。

他社のように当日どんなカメラマンが来るか分からない、誰が編集するか分からないといった心配がございませんので、その点でもご安心頂けると思います。

また撮影した本人が編集することで、当日の流れはもちろん、撮影した映像の内容を一番知っていることから、より臨場感のある映像になると考えております。

撮影者=編集者と言うのは、私も会場にいたお客様の結婚式や披露宴の参加者ですから、他社のようにその場に居なかった人間が編集する場合、私と同じ臨場感、ライブ感での作業は絶対に出来ないと思います。

是非これらの点も他社と比較、ご検討ください。


これまでの仕事で気付いたこと、これからの思い

製作会社勤務の頃と違い、フリーになってお客様との関係が密になりました。そして15年以上フリーで結婚式の撮影をしてきた中で気付いたことが沢山あります。

先ず第一に、この仕事が大好きなこと。

大変なことも多い仕事ですが、撮影や編集をやっていることがとにかく楽しいです。完成した映像を見たお客様から、喜びのお言葉や久保に頼んで良かったと言って頂けた時は、本当に幸せだなと感じています。

次に、結婚式や披露宴の当日の様子を映像に残すと言うことは、お客様の準備の段階のお気持ちや、後日お二人で、または皆様で一緒にご覧になる未来にも関わること、と言うことです。

例えば画面に映る披露宴会場の様子は、全てお二人が一生懸命準備をした結果です、そして当日の喜びや楽しさを残すことで、後日お二人にも楽しんで頂けるようにするという事は、未来へ向けての作業だと気付きました。

これらの時間を超えた考え方は、これまでの沢山のお客様とのやり取りから教えて頂いたことです。

今後もこの仕事を続けていくことでもっと色んなことを教えて頂いたり、気付いたりすると思いますが、それらを活かして、『Wedding Kissにしか出来ない、私ならではの撮影&編集の映像』を目指します。


まとめ


・Wedding Kissはお客様の記念の1日を、可能な限り臨場感溢れる映像として記録します。

・Wedding Kissは当日の様子だけでなく、お二人の準備のお気持ちから未来の楽しみまでを含めて、ひとつの映像作品を製作することを心がけています。

・Wedding Kissは全ての行程を久保幹夫が責任を持って担当します。お客様とやり取りし、会場内で撮影した者がライブ感を持って編集する、これがWeddinng Kissの一番の強みです。


是非、他の撮影会社、業者と比較してください!
↑TOPに戻る



 since May 1999.
Design & Art Direction by NEWFIELD
(C)2013 NEWFIELD All Rights Reserved

このWebサイト上の文章、写真などの著作物を許可なく複製、使用することを禁じます。